かふぇじんが本当に提供したいもの

こんにちは。かふぇじんのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「かふぇじんが目指す空間」の話について書きたいと思います。

提供したい価値

かふぇじんは水戸の中心地にありながら、2階にひっそりと佇むお店です。

我々が主に提供しているドリンクはコーヒーやクラフトジンですが、本当に提供したいものはコーヒーやクラフトジンではありません。

「ゆっくり時間を過ごそうよ」

これがかふぇじんがお客様に提供したい価値です。

このコンセプトに沿って運営していくため、コーヒーはハンドドリップでゆっくり淹れます。

お料理も一品一品お時間をいただきます。

かふぇじんの家具や座席も、そのような「ゆっくりできる」作りになっております。

1人でソファ席に座ってゆっくり読書をしていただいても構いませんし、勉強やお仕事をしていただいても構いません。

忙しい水戸の街で

かふぇじんの周りにはオフィスも多く、水戸で働く人が街を行き交います。

かふぇじんのロゴマークのモチーフに採用しているスクランブル交差点は、水戸の街の「賑わい」の象徴であり、一方では「忙しさ」の象徴であるとも考えています。

このスクランブル交差点は車通り、人通りも多いのですが、そんな場所だからこそ「ゆっくり時間を過ごす」という事には価値があると我々は考えています。

せっかちなライフスタイルから

かふぇじんの店主である私(SNSではロニーと名乗っています)は、日立市出身で、大学入学から12年ほど東京で生活をしていました。

12年間の東京での生活は充実していたし、人間としても大きく成長できたと感じています。

しかし問題だったのは、東京にいた頃の私はせっかちでした。おそらく相当なせっかちだったと思います。

細かい事で言えば、コンビニやスーパーで前の人の会計が遅いだけで少し気になってしまったり。駅の改札で前の人が残高不足で通行止めを食らったら自分が通るのが遅くなるので少しイラッとしたり。

これは豊かな人生とは呼べないな。という実感が間違いなくありました。時間に追われ、仕事に追われ、自分の好きな事に情熱を注ぐには睡眠時間を削るしかない。おそらくこれは、私の人生にとってあまり良くない。

そこで地元茨城に帰る決心をして、仕事を含めたライフスタイルを、もう一度ゼロから作りたいと思いました。今もまだ、構築している途中です。

かふぇじんでの「ゆっくりした時間を大切にする」というチャレンジは、「(自分自身の)ライフスタイルの変容」というテーマも内包しています。

恐らく簡単な事ではないでしょう。

飲食店なので、お客様が入れ替わるほどに売上が上がるのは分かっています。しかし、かふぇじんはその土俵では戦いたくないなという思いがあります。

逆に言えば、このチャレンジで納得のいく経営ができるならば大きな自信になると思っています。困難なチャレンジだからです。

「ゆっくり時間を過ごす」というライフスタイルに興味がある方、かふぇじんでぼんやりと時間を使って下さい。

(ここまで私情を書いた駄文を読んでくださった方は、かなり心に余裕のある方なんだろうな。と推測できます。ぜひ、あなたのような心持ちの方のご来店をお待ちしております。)

最新情報をチェックしよう!